消費者金融とブラックリスト

ブラックリスト入りしている人が

消費者金融から借り入れできることがなかなかできません。

特に大手の消費者金融はわざわざリスクある貸し付けをしませんから、キャッシングの審査自体が厳しく設定されていて、ブラックリスト入りしていることがわかれば審査で落とされてしまうことがほとんどです。


ブラックリスト入りしてしまっている人は、ブラックでも審査通過できる、基準が甘い中小消費者金融へと申し込みをしてみましょう。まだ借り入れできる可能性が残されています。
中小規模の消費者金融は大手業者で融資受けられなかった人の受け皿として位置しており、

大手で審査落ちになってしまった人もターゲットとした低めの審査基準を設けているのでブラックリスト入りの人でも借り入れがしやすくなっています。
中小規模の業者といってもきちんと国へ届出をしている消費者金融であり、きちんとした法律の範囲内で定められた上限金利以上を取られることはありません。

銀行からの借り入れに関しては特に審査が厳しく、ブラックリスト入りしている人が審査通過できることは大手の消費者金融業者以上に難しいです。

大手の消費者金融も銀行の参加になっていることがほとんどなので、大手消費者金融も審査を厳しくして、貸し倒れを回避しています。

審査基準はその消費者金融ごとによって全く異なります。

ですから消費者金融と一括りにいっても、たまたまうけた消費者金融では審査通過できなくても、他社では融資を受けられるということもあります。

全てが同じ基準ではないのでブラックの人も融資を受けられる業者もありますから、ブラックリスト入りして諦めてしまっていた人もまだ借り入れできることを念頭にいれておいてください。


中小規模の業者であればまだキャッシングを受けることが可能ですから、大手ではない中小規模の消費者金融を探してみてください。ブラックリスト入りしている人は過去に延滞や自己破産の手続きをした人であり、また再発される可能性ももちろんでてきますが、中小規模の業者ではそのリスクも覚悟の上で幅広くお客さんを囲い込む必要があります。

大手ではブラックが理由ですぐに審査落ちとなってしまっている人でも対象とし、いま現在きちんと収入があって返済ができる人だと判断されれば融資してもらえるのが中小業者の特徴です。大手で断られてしまった人も中小業者へ申し込んでみましょう。

ブラックリスト入りしているデータ記録は一生消えないわけではありません。

一定の期間が経過すればその情報も削除されます。

削除された後は新規の申し込みをしてもこのブラックリスト入りしている記録がありませんから、通常通りまた借り入れできることが可能となります。