消費者金融でブラックでも審査してくれる業者

消費者金融でキャッシングを受ける為には審査を通過する必要があり、当たり前の話ですがその審査を通過するためには一定の収入と安定した職業についている事が条件となっている事が多く、

さらに審査の際には過去に他社からどれくらい借り入れをして、きちんと今まで返済ができていたかどうかまで情報を見られてしまいます。


審査の際には申込者の申告した個人情報から、個人信用情報機関へとその業者がデータ照会をすれば、過去にその人がどこの会社からいつ、いくらの借り入れをしたのかも情報として入ってきます。

そしてその際の情報に付随して必ずブラックリスト入りしている情報も伝わってしまいます。

申し込みの際にブラックリスト入りしているかどうかは聞かれませんし、あえて自分から名乗る必要もないでしょうが、業者側としては調べればさえすぐにわかってしまう事実です。

申込んだ金融業者が、3つある情報機関のうちどこの情報機関に加盟しているかによっても得られる情報に差があるのですが、

ブラックになってしまっている記録というのは各機関でも情報共有されているようですから、その情報は用意に伝わってしまうでしょう。

ですから、ブラックリスト入りしてしまっている人はどこの消費者金融へ申し込みをしてもブラックリスト入りしている人というレッテルが貼られてしまっている状態が続きます。


しかし、そのブラックリスト入りしている人への対応というものがその業者によって異なります。

だいたいの業者がブラックの人へは融資をしてくれないイメージがあると思いますがそれは確かに事実であり、なかなかブラックリスト入りしている人が審査を通過することが難しくなってします。ブラックの情報記録があるだけで門前払いされてしまうことも多くあります。
ただ、そういった対応の業者が全てではなく、数ある消費者金融の中にはブラックリスト入りの人でも審査対象として見てくれるところもあります。

審査対象とするわけですから、もちろん審査はあるのですが、その審査基準は比較的ハードルが低く、一定の安定した収入があれば問題なくブラックでも融資を受けられるようです。

著しく低い収入であったり、本人に返済意志がないように見られるなど重度のマイナス判定となってしまっては話は別ですが、今まで他社ではなかなか借り入れできなかったブラックの人でも、審査の甘い消費者金融では簡単に借り入れできたというケースも少なくありません。


そういった業者を見つけることは正直なかなか難しいようですが、業者によっては大まかな審査基準をホームーページなどで公表していることもあり、ブラックでも審査対象として見てくれる文面を掲げている業者がありますから、そういったところを狙って申し込みをしてみましょう。

ただ闇雲に業者へ当たっているだけでは、もともとブラックの人へは貸し付けをしない業者にばかり申し込んで無駄な時間を過ごしている可能性が考えらます。

ブラックの人でも融資をしてくれる審査の甘い業者はほとんどが

小規模であることが多いです。

小規模の業者が故にわざと

審査ハードルを低くして融資対象となる窓口を広げています。

少ない申込者の中から融資対象となる人を見つけなければ貸し付けできませんから、収入となる利息を回収することがそもそもできません。そうなってしまっては運営が傾いてしまいますから、出来る限り、申込みしてきた人に対しては融資をしたいと考えています。

その申込者に対して

柔軟かつ親切に対応してくれる業者が多いのも、

小規模消費者金融の特徴です。

大手ではなかなかできないような細かい気配りや、コチラ側の要望に対しても積極的に応じてくれるようです

。これは申込者が少ないからこそできることかもしれませんが、大手よりも親切であったという口コミが多く見られます。小規模だからといってもそこまで大手と利便性が劣るということはありません。