ブラックでも借りれる消費者金融会社

ブラックの人が消費者金融から借り入れする為には

厳しい審査を通過する必要があります。

消費者金融の審査ではキャッシング後にきちんと

返済してくれる人間かどうかに重点をおいてみています。

いまの収入や職業を重要視し、今後も継続的にきちんと返済してくれるのかどうか、そして収入がいくら高くでも家賃が高かったり、お子さんの養育費などが大きく割合をしめたり支出の面にも注目されています。

そして過去の返済状況などもチェックされ、ブラックリスト入りしているかどうかも見られます。


ブラックリストというものはそもそもなんでしょうか。

この名前は聞いたことある人がいても、実際にそのもの自体を見たことある人もいないのではないでしょうか。

ブラックリストというリストや名簿があって、その名簿が

全ての消費者金融の間で共有されて情報管理されているわけではありません。

個人信用情報機関というところに、クレジットやキャッシングを利用した人の情報が記録されているデータベースが存在し、そのデータベースに延滞や自己破産など消費者金融側にとってデメリットのある金融事故の記録が残っている人を、

ブラックリストにのったと呼んでいます。

つまり、そういったリストではなく、この個人信用情報機関にキズがついたような状態のことをブラックリストにのったと言っているわけです。
この信用情報は加盟している金融業者が情報照会できるようになっており、申込者の個人情報を元にデータ照会すればブラックリスト入りしている原因やその日時などが細かくわかってしまいます。


ですからこの情報はほとんどの業者でチェックされますが、

ブラックには貸さない方針なので審査落ちになってしまう業者もあれば、

ブラックの記録がある人へ対しても他の要素をみて判断してくれる業者もあります。

ブラックでも貸し出してくれる消費者金融は、大手にお客さんをとられてしまっている中小規模の消費者金融です。大手よりも広告宣伝費をかけることはできませんから、広告勝負していても大手の陰に隠れてしまうだけです。

ですから、申し込んでくれたお客さんを1人でも多くお客さんとして迎え入れて融資をすることによって、利息を回収し、収入を得ることによって運営をしています。中小の消費者金融も大手と同じ法廷範囲内で金利を得ていますから、より多くのお客さんへ融資をしなければ収入が得られません。

その中でブラックの人も貴重なお客さんですから、

過去にブラックとなる記録があったとしても、あくまでいまの状況をみて判断してくるわけです。