消費者金融でブラックリスト入りになるには

ブラックになるには様々な理由があります。
消費者金融やクレジットカードの利用で、

多くの借金を抱えてしまい、返済が間に合わずに

支払いが遅れている人延滞ブラックとよばれるブラック扱いとなります。


返済期日からの遅れが数日くらいでしたらまだ大丈夫なのですが、

これが3ヶ月以上となるとブラックリスト入りの扱いとなります。

数日の遅れであってもその業者ではもちろん支払い滞納者として記録され、何かしらの催促が行われれるかと思いますがその時点で情報共有されるほどのブラックとはなりません。


3ヶ月以上の延滞をしたこの記録は

最低でも5年はブラックリスト入りとして記録されます。


他には、自己破産手続きをした人も該当します。

どうしても返済ができなくなり、いま自分が持っている資産を全て手放す代わりに、いまある借金を全てなかったことにできる制度で、多くの人が弁護士へ依頼をしておこなう手続きです。この自己破産をするとやはり言って期間は新たにローンやキャッシングができないとも言われていますが、業者によってはいまきちんとした収入があれば借り入れができるところもあります。


自己破産とよく同系統で語られる債務整理というのもあります。

これはできる限り利息などをカットして、元金のみに近づけた金額のみの返済で済むように交渉をするものですが、これもブラックリスト入り扱いとなります。これは既に完済済みでいま収入がある事か、あるいはいま現在きちんと返済ができている状況であれば借り入れすることは可能です。


他には保証会社などに代わりに支払ってもらう代位弁済

何社も短期間で申込みをしてしまっている申し込みブラックなど

もありますが、これらもまだ借り入れできる業者はあります。

ブラックになってしまってもまだ

審査対象として見てくれる業者はあります。


ブラックでもキャッシングをするかどうかはその業者次第であり、

必ずしもブラックの人はどの業者からも融資を受けられないわけではありません。

業者によってはブラックになってしまった人でも、それは過去のことであると割り切り、いま現在その人は安定した職についているのか、それと今後もきちんと定期的に安定した収入があるのかどうかを見ます。

その上で大丈夫だと判断されれば、ブラックであることは重要視せずにキャッシングをしてくれます。
ブラックの人でも諦めずに業者選びをしてみてください。

ブラックになるには理由が様々あることを先述しました。

中でも1番多いのがやはり延滞によるブラックリスト入りです。

延滞を知らず知らずのうちにしてしまっている人もいますし、これではブラックリスト入りはしないだろうと思っていることでもブラックリスト入りしてしまっている人もいます。


最近はクレジットカードの所持率も上がってきていますから、

クレジットカードによるショッピングも多くなってきました。

まるで自分の現金で支払いが終わったような感覚になったりもしますし、また来月に仕事を頑張れば返済できるだろうと見越してショッピングにクレジットを利用してしまっている人もいて、その結果、支払いが追いつかずに延滞となっている人もいます。
スマートフォンの分割払いも借金です。長期の延滞は同じようにブラックリスト入りの扱いとなりますから、注意が必要です。毎月の通信料支払いと共に分割で支払われていますから、その支払が遅れてしまうと知らない間にブラックリスト入りしてしまっていることもあります。
借金はこのようにブラックリスト入りしてしまう可能性もありますが、もちろんきちんと返済をしていれば問題はありません。

1度ブラックになってしまった人も、

一定期間で記録から消えることも可能ですから、

諦めずにきちんと業者とおつきあいをしていきましょう。