消費者金融でブラックリスト入りは就職に影響ある?

消費者金融やクレジットカードの利用で支払いが追いつかなくなってしまい、延滞などを長期の間にしてしまうとブラックリスト入りとなり、

金融業者間では個人信用情報機関を通して情報共有され、新たに借り入れしたりすることが難しくもなります。
この事実は一般的に消費者金融を利用したことがない人でも知られているイメージですが、新たに心配しているのは

就職先にこの事実は知られないのか

とドキドキしている人も居るのではないでしょうか。
ブラックであることがバレて、他の社員から変な目で見られてしまったり、あるいはそれを理由にリストラなんてこともあるのではないか…、常に後ろめたい気持ちになってしまっている方もいらっしゃると思います。

実際は就職先にブラックであることがバレることはまずありません。
まず、金融業者は第三者に対して借金している事実をバラしてはいけない法律になっていますから、もし催促や問い合わせ、申込時の在籍確認などで就職先へ電話する事があっても金融業者の社名を名乗ることはなく、個人の名前で名乗ります。

アルバイトなど、なかなか普段は個人名で電話がかかるような立場だったり、職業によっては不自然であることもあるかもしれません。

その際に不信がられてしまってもは

「クレジットカードの申し込みをしたから、その問い合わせだ」

と言っておけば、

現代においてクレジットカード作成になにも後ろめたいものはないでしょう。

今や1人1枚はクレジットカードを所持している時代ですから、誰も不信には思わないでしょう。もしどうしても勤務先への電話は控えてほしいと希望してその事を業者側へ伝えれば、それ以降はきちんと配慮をしてくれます。

就職先が個人の信用情報を確認することもありません。
しかし、就職先が銀行や消費者金融などの、お金を取り扱う職業であれば確認され、もしかすとバレてしまう可能性も考えられますが、それ以外の一般的な企業であれば心配ないと思います。

就職先に判明しなくても、ブラックリスト入りしていると

生活の上で様々な制約も受けることになります。

住宅や自動車の購入でローンが組めなかったり、クレジットカードを作ることができなかったり、ケータイの分割購入ができなかったり、常に生活のいろいろな場面について回る事実となります。

ですから、どこか後ろめたい気持ちになっている人は必然的とも言えますし、申し込みをする度にその審査結果に辛い思いをしたり、社会に背をそむけられているような気持ちにもなります。

いづれ人生の上で結婚し、子供ができて生活スタイルががらっと変わるとき、このブラックリスト入りしている事が影響してくることが少なからず発生してきます。ブラックであることが決して悪いということではありませんが、

様々な制約がついてまわるということです。

私生活においてブラックリストから抜け出せることはいろいろな面において、金銭的にも精神的にも落ち着くものです。

ブラックリストの記録は最短で5年経過すれば抹消され、また普通通り借り入れすることも可能ですから、できる限り早期のうちに問題を解決しておくべきでしょう。