ブラックは大手消費者金融会社でキャッシングができない

金融機関からキャッシングやローンなどをうけたり、買い物や公共料金での月々の支払いをクレジットカードで行った場合に、

長期延滞してしまったりするとブラックとして記録が残ります。

クレジットの場合、もし口座の残高不足などの場合は一定期間後に再度引き落としが行われますから、それまでは延滞とはなりません。

そもそも支払期日を数日送れるだけではブラックとはならず、

だいたい3ヶ月以上の延滞となるとブラックとして見なされてしまうようです。


また、ブラックになる理由としては自己破産債務整理などを弁護士、司法書士にお願いして手続き中、または手続き後もブラックとして記録が残ります。

自己破産はよく耳にするワードなのでご存知の方も多いかもしれませんが、自分の資産をすべて犠牲にして、借金をチャラにしてもらうという仕組みです。債務整理とは貸し付け側と話し合い、利息免除などを行う手続きのことです。


このブラックの記録は信用情報機関に登録され、その信用機関は3つあります。

銀行系の全国銀行個人信用情報センター、

信販系の株式会社シー・アイ・シー、

消費者金融系の株式会社日本信用情報機構で、

それぞれに加盟した金融業者の利用情報が掲載されています。


ですから、もし今まで利用した業者がこのうちの1つの機関にしか加盟していなかった場合、基本は他の2つの信用機関へは情報が掲載されていません。借り入れ状況がわからないわけです。

しかし、ブラックになった記録はだいたいのケースで、全ての情報機関で共有されます。ごく稀にそれぞれの掲載基準の違いなどによって、とある機関では情報がまだ記録されていないということもあります。


ちなみに手数料を1000円位はらえば、自分の情報がどう記録されているのか、各信用機関から情報を取り寄せることができます。その申し込みはネット上からもできますので、気になる方はホームページを見てみてください。今後の借り入れで有用な情報となるかもしれません。

また、キャッシングやカードの支払いに問題がなくても、

現代で金融事故が多いのは 携帯電話の分割払いです。

分割払いとはつまりローンと一緒ですから、高価なスマートフォンは一括払いではなく分割を選択している人も多くなってきています。

月々の電話料金支払いで一緒に返済されているはずですが、その支払いを繰り返して延滞などしてしまうとブラックとなってしまうこともありますから注意が必要です。

ブラックになってしまうとその後は問題解決してからも

一定期間は、記録が残されるために新たな融資は受けづらくなります。

延滞は5年、自己破産などは10年位と言われています。

この期間に影響してくるのは大手業者を利用してのキャッシング、ローン、クレジットカードの作成なども該当します。


しかし、

中堅の業者であればブラックであっても利用できる可能性が

残されていますからまだ諦める必要はありません。

ブラックの人が大手から借り入れる事はまず不可能だと思って良いでしょう。
大手の業者はスピーディーに審査を行い、審査通過と審査落ちを迅速に仕分けします。その際にまずブラックであるかのチェックをされ、大手ではその情報が見つかればまず審査落ちと判断することがほとんどです。

中堅の金融業者は主にそういった大手で断られてしまった人達を対象として貸し付けを行っていることもあり、ブラックに対しては柔軟な対応を行っています。

ブラックの人に対してもきちんと現在の情報を重要視し、収入、職業などの項目を見て今後きちんと返済してくれる人物と判断されれば融資を受けることができます。
ブラックの人こそ、業者選びがポイントになってきます。