ブラックOKな消費者金融からキャッシング

法律が新しくなってから、消費者金融側も融資対象となるお客さんが減ってしまった為に大打撃をうけてしまっているようです。


 総量規制という法律をご存知ですか?

借り入れする人が収入のうちの3分の1以上、借り入れしてはいけないという法律です。これは1社だけではなく、数社から借り入れているのであればその全ての

合計借り入れ額が3分の1を超えてはいけないという内容です。

本来は一般の借り入れ側を保護し、多重債務になることを防ぐための法律であるとは思いますが、これによってもう借り入れできない人もいる為に、キャッシングする側の消費者金融にとって対象となる客数が減ってしまったのは運営に打撃でもあります。

また、金利に関しても以前よりも低く制定されてしまいました。
本来はもっと高く回収できていた利息が、最大でも20%までとなってしまった為に、以前とは同額を貸し付けしていても収入となる利息額が減ってしまったのです。これはより多くの人により多くの金額を貸し付けしなければ回収できないわけですが、先ほどの総量規制から、借り入れできる人がそもそも少なくなってしまったので負のスパイラルです。

これによって大手の消費者金融であっても廃業へと追い込まれてしまっている業者もありましたし、中小規模の消費者金融はいまや大手に吸収されてしまっているところも多くあります。
まさにいま、消費者金融業界全体としてかなり厳しい状態となっているようです。

しかし、

ブラックの人にとってはよい流れとなっている部分もあります。


なぜなら、「審査が甘い業者が増えてきた」のです。ブラックの人でもキャッシングを受けられる業者が増えてきています。


ブラックの人でもキャッシングをし、回収した利息で営業を続ける方針へと変更してきた企業が多くなったのです。

本来であればブラックの人には貸したくない、そもそもブラックの人は高収入であっても融資は絶対にしないという業者も多くありましたが、今ではそのようなことも言っていられません。
今後、この業界で生き残っていく為には、ブラックリストになっているような人へも、リスクを背負ってでもキャッシングをしなければ運営が続けられません。
よって、ブラックであっても消費者金融から借り入れできるチャンスは現代において増えてきているといってもいいでしょう。

しかし、実際は審査落ちしてしまっている人も多いです。
それは消費者金融選びを間違ってしまっているのではないでしょうか。

全ての消費者金融においてブラックに対して審査が甘くなったわけではなく、

今でも大手の有名な消費者金融はブラックを審査落ちとしてしまう事も多いようです。


一方で大手ほど多くのお客さんをもっていない中小規模の消費者金融であれば、

ブラックに対して審査が甘い傾向となっています。

しかしながらこの中小の消費者金融は、あまり宣伝広告費もかけられませんから、一般の認知度ではかなり負けてしまいます。どうしてもここまでたどり着く人も少ないでしょう。
近年ではインターネットの普及とともに、ネット申し込みに対応した消費者金融も増え、徐々に中小規模の消費者金融もシステムの変更でネット完結できる業者が増えてきました。
大手に負けないほどのスピード審査と即日融資を可能としている業者もあります。

いままで大手で審査落ちしてしまっていた人も諦めずに、中小の消費者金融を狙って申し込みをしてみてはいかがでしょうか。