ブラックでも借りれる消費者金融

ブラックでも借りれる消費者金融情報をご紹介します。

借金でブラックになってしまった途端、新たに借り入れが難しいようなイメージを一般的に持たれる事も多いですが、一概にそうでもありません。

あくまで、ブラックである人に対して厳しく審査を行う業者からは借り入れが難しくなったということです。よく街中の広告やテレビCMなどで見かける有名な消費者金融から、ブラックの人が借り入れできることはまずありません。こういった業者に何度アタックしても審査落ちが続くだけで、どんどんその記録が蓄積されていってしまうだけです。

しかし、中にはブラックかどうかは重要視せずに、他の審査基準さえクリアすればブラックでも借りれる業者がありますので、そういった消費者金融を見つけて申し込みをすればいいのです。

インターネット上でも実際に、審査の厳しい大手では借りれなかったが、中小規模の消費者金融であれば審査が甘く、借り入れできたという口コミが出ています。

ブラックかどうかを重要視しない消費者金融でも、過去にブラックがあったかどうかや借金の履歴は閲覧できますので、一応それらの情報はチェックされます。よほど重度のレベルでブラックだった履歴が見られると断られてしまうこともあります。

しかし、あくまで貸し出しへ向けて前向きな態度で審査を行ってくれますから、ブラックであっても他に返済力が見られるような状況であれば問題ありません。


その審査基準は業者によってもいろいろあり、現在の収入職業勤務年数を見る所が多いです。

ブラックでも今後、きちんと返済してくれるかどうかの判断基準としてやはり現在の収入は非常に重要です。

また、職業によっても安定した返済ができるかどうか、場合によっては月によって収入が少なくなるような業種では回収できない可能性も出てくるので、業者側も慎重になります。

勤務年数に関しては、あまりにも浅いと早期のうちに離職してしまう可能性がうかがえるために、なるべくなら1年以上、あるいは3年以上の継続勤務があればほとんどの確率で問題はないでしょう。


消費者金融によってその審査基準は本当に様々で、他には家族構成や、現在住んでいる住居の種別なども審査基準として設けているケースもあります。

全てはその人が今後も安定した返済を行ってくれる人かどうかの判断を行う材料となっています。

また、審査申し込みの段階で横暴な態度をとったり、虚偽の情報をもって審査を行ってしまうとこれも審査に影響してくる可能性が大いにあります。

やはり貸金は信頼関係によって築かれるものですから、審査する相手も人間です。あくまでも人対人であることを忘れずにきちんと誠意をもって正直な情報を嘘偽りなしにお願いするようにしましょう。

逆にきちんと正しい姿勢をもって申し込みをすれば、きちんと親身になって話をきいてくれて、なんとか力になってくれるように動いてくれる消費者金融も中にはあります。

消費者金融側からすれば、今後きちんと返済をしてくれそうだと見込める人柄のお客さんであればできる限り貸し付けしてあげたいと考えてくれるものです。過去がブラックであっても、現在の収入が多少すくなくても何とか解決策がないかどうかを一緒に考えてくれます。

全体的な傾向として、あまり名の知られていないような中小規模の消費者金融のほうが審査は通りやすいようです。大手のほうがかなり厳しい審査基準を設けていますので、その規模と審査の厳しさは反比例しています。

ブラックでも借りれる業者は中小の消費者金融です。

中小規模からまずは狙って申し込みを行ってみましょう。