ブラック対応の消費者金融情報

・ブラックリスト入りしているからキャッシングやローンで消費者金融は審査落ち?

・自己破産、債務整理をしたのでもう一生、ブラックから抜け出せずに消費者金融からお金を借りられない?

 待ってください。

ブラックの人でも借りれる消費者金融はまだあるのです!大手の消費者金融、カードローンや銀行からの融資では審査落ちしてしまった人

ブラックでも

まだ見方になってくれる業者が残されています。

ブラックだから消費者金融からはキャッシングできない、

ブラックは一生お金を借りることができないというイメージも一般的には強いです。

しかし消費者金融はインターネットの検索でよく見るような大手の業者だけでもありません。全国には数多くの消費者金融が存在し、ブラックでも相手にしてくれる企業が多くあるのです。

実は数多くある ブラックでもOK消費者金融

全国にいろいろな消費者金融の業者があり、正規の取り引きを行いながら健全な営業を長年続けている消費者金融がまだまだ存在します。大手とは違って中小規模の消費者金融であればブラックの人でも借りれる確率が高いので、利用されている方も多くいらっしゃるようです。

中小規模の消費者金融はそれぞれ基準を決めて審査をしていますが、過去にブラックなどの情報があっても現在の状態を優先重視しているので、ブラックでも借りれるという事があるようです。
その審査基準は消費者金融の各社とも表立って明らかにしたりはしていませんし、「ブラックでも借りれる!ブラックでも確実に融資!」と言っている所はあまりなく、逆にブラックに積極的に貸出を宣言をしているのは消費者金融ではなくヤミ金である可能性が高いです。ブラックをよい食い物と考えている事も少なくありません。ブラックですとついつい判断を誤って利用してしまう事も無くはないです。
正直、どこの消費者金融にとってブラックはやはり慎重になってしまう取り引き相手であることは、中小だろうが変わりありません。

きちんとした消費者金融は審査であくまでブラックかよりも違う条件を見るのでブラックだろうが関係ないというだけで、誰でもブラックの人に審査がないわけではありません。
現在の収入や勤務年数、職業、雇用形態や家族構成など項目はさまざまで、重要視しているポイントでもそれぞれ消費者金融ごとに異なります。ブラックかどうかは重視しない傾向にあるというだけです。

ブラックOK 消費者金融の審査方法

中小消費者金融であれば確実に誰でも借りられるわけではありませんが、いままでブラックで審査落ちしていた人でも、きちんと選んだ消費者金融によってはブラックでもキャッシングできる可能性があります。

アコムやアイフル、プロミスなども有名な大手の消費者金融ですが、こういった大手では審査落ちしてしまい借り入れできなかったブラックの人も、中小の消費者金融を1度まずは申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

全国にまだブラックでも借りれる良心的な消費者金融があります。まだそういった消費者金融を知らずに過ごしてしまっているブラックの人がいるのは本当にもったいないお話です。

中小規模の消費者金融は大手のような自動審査ではなく、人の手によって審査をしているようです。ブラックでも本当にお金に困っている消費者には融資したいと思うのが、消費者金融というよりも担当者は善良な人としての気持ちだと思いますし、中小の消費者金融はブラックだろうが、申し込みをしてきた顧客にできる限りキャッシングを行わないと利益が得られません。申込みでブラックの人が多いというのも中小消費者金融の特徴でもありますので、ブラックを審査落ちさせてしまっては運営できません。

もちろん消費者金融も金融業ですので、キャッシング後に返済がないという貸し倒れになってしまってはマイナスです。あまりにも重度のブラックですと審査で融資を断られてしまいますが、大手に比べるとブラックの人に対して審査は正直やさしいです。大手の消費者金融の自動審査ではブラックというだけで無条件ですぐ審査対象からはずされてしまったブラックの人もおすすめです。

中小の消費者金融も審査はインターネットから申し込みを行い、対面式で面談をしたり、電話や書類のやり取りで審査をする消費者金融も存在しているようです。

審査通過後はすぐに指定の口座へ振り込みを行ってくれるようなキャッシング可能、ブラックであっても即日融資をしている柔軟対応の消費者金融もあり、ブラックでも親切に対応してくれるそうです。

また、審査時に在籍確認をする為にかけてくる職場への電話を控えて、源泉徴収票や給与明細など書類のやり取りによって在籍確認としたり、ブラックでも利用者それぞれの意向になるべく沿えるよう希望を叶えてくれる消費者金融もあります。大手と違って人間味あるやり取り、ブラックでも担当者が親身になって話をきいてくれる事も多いのが中小消費者金融のメリットでもあります。

ブラックリストの人と消費者金融の付き合い方

ブラックリストしてしまってもまだ消費者金融から借りれる可能性はあります。

ブラックが解消されるまでは持っている現金のみで生活していくのも何かと困難な場面も多いと思います。そんな時でも諦めず、ブラックでもまずは中小の消費者金融に気軽に相談してみてください。自分にあった消費者金融が見つかればブラックでも融資を受けられるはずです。

ブラックの場合、審査によってはまずスタートが少額である事もありますが、とりあえず消費者金融のお陰で何とかピンチを乗り越えられる事にもなるでしょうし、きちんとした返済を繰り返していくことによって信用を築き、徐々にキャッシング枠が増えていくこともあります。

消費者金融を上手く利用していく事によって将来的にはブラックリストから消え、また普通に住宅ローンが組めたりもします。まずはブラックでも審査が通る消費者金融を利用して計画的なキャッシングと、返済プランをきちんと考え、消費者金融とうまくお付き合いしてみてください。

延滞でブラックリスト入り 借りれる消費者金融

ブラックリスト入りしている人の中では同じブラックでも理由によって重度は様々で、「延滞」が消費者金融にとって評価が1番低いです。

ブラックには他に、短期で何度も申し込みをしている「申込ブラック」、自己破産などの手続きをとった「破産ブラック」などがあります。

消費者金融はそれぞれ個人信用情報機関に登録し、そのほとんどが情報照会します。新たに借り入れしようと申し込みを行った際に延滞ブラックの情報があると、消費者金融からすれば、貸付けしたお金をもって他社の消費者金融へ返済にまわし、自社側の支払いは滞ってしまうのではないかと懸念します。

ブラックになる延滞者はまたこのように同じ方法で返済を行おうと考えることもありますが、多重債務になるのでいつかは自分自身がどこの業者からも相手にしてもらえない「延滞ブラック」扱いとなる事が避けられません。
そうなってしまっては自己破産などの手続きに入られてしまうこともあるので、延滞ブラックへの貸し付けは消費者金融からすればリスクが高く痛手です。

そもそも「延滞」とは、支払いをせずに放置されていた状態です。借り入れしても返済意志がないと見なされても仕方ありません。ブラックの人でも、現在どのような気持ちでいるのかが重要です。

ブラックも消費者金融によって捉え方が違う

現代では様々な場面でお金を借り入れるという事になる事が多いです。消費者金融からのキャッシング、銀行のローン、クレジットカードの普及、携帯電話の分割購入も借金と一緒です。

信用情報に記録される、いわゆるブラックリストに載るという状態は様々な要因があります。その中の1つが延滞ですが、それは1日や10日だけの返済遅れであれば記録は残りません。3ヶ月以上滞納した場合に「延滞」とブラック情報が登録されます。この時点になると他社から見ても延滞でブラックの人とわかってしまうので、借り入れが難しくなってきます。大手の消費者金融や銀行などで貸付してくれるところはもうほぼ無いと思っていいでしょう。それほど厳しい状態です。

この情報は最低5年以上、記録され続けます。完済してから5年です。金額にもよってもちろん完済までの時間は早まることもあるでしょうが、長い期間ブラックリスト入りしてしまいます。

延滞ブラックの人でも、度合いが違いますので審査の結果にバラつきがでてきます。

まずは、過去に延滞はあったが現在は完済してしまっている状態の人。記録上にだけ過去、ブラックがあったと残っているだけです。

それから、延滞ブラックの履歴があるが、いま返済中の人。

そして、ブラックになってからも未だに手を付けずに延滞中の人、です。

この中で1番最初に書いた、ブラックでも完済している人は、今後借り入れできる可能性はもちろん高いです。次いでいま返済中の人も、ブラックであっても返済の意志が見られるので消費者金融からはある程度評価されます。

最後のいま現在も手付かずで続いている人にとっては、借り入れできる消費者金融はかなり限られてきてしまいます。

よく、ネット上などでこういった延滞ブラックの人でも確実に融資することを宣伝している業者もありますが、この場合はちょっと疑ったほうがいいです。優良な消費者金融を装ったヤミ金業者である可能性があります。高い金利で貸付を行い、10日で5割の利息をとったりしますので、審査せずに誰にでも融資を行います。これに苦しんでいるブラックの人も多くいます。

しかし、諦めないでください。中小の消費者金融の中でもいま現在の状況をきちんと判断して、ブラックであろうと今後の返済が見込めるという審査結果になれば融資を受けられることがあります。

それは消費者金融側の判断によりますので、申し込みをしてみるまでどうなるかはわかりませんが、ブラックでも諦めずに希望をもって中小の消費者金融へ申し込みする甲斐はあります。

消費者金融ごとに審査基準は異なる

信用情報機関にはその利用者の事故歴の他に、申し込み借り入れ返済の情報が事細かに記載されています。

初めの申し込みを行った時点で情報が掲載され、借り入れに関する情報のほぼ全てがどの消費者金融からもデータを見れる状態となっています。これは単純に、情報の共有によって貸し倒れをする業者をより少なくするためのシステムでもあります。ほとんどの消費者金融は審査の際にこの情報をつかって照会を行い、ブラックかどうかをまず見ます。

大手の消費者金融はまず第一にこの情報をもって審査しますので、ブラックの人は事故情報を見られて審査に落ちてしまいます。審査落ちでもその理由は明確には答えてくれません。

しかし、大手の場合はブラックだった事が非常に大きな理由となってることがほとんどです。まず100%、ブラックの人が大手消費者金融から借り入れる事は不可能だと思ってください。しかし、中小の消費者金融はそうでもありません。

中小はブラックの事故履歴があっても返済能力があれば積極的に貸付を行い、1人でも多くの人から利息を得ながら貸付金の回収を行いたいと考えます。

もちろん、この際の金利はきちんと貸金業法に従った数値です。違法な貸付や取り立ては、一発で営業できなくなってしまいます。健全な営業を行っている正規の消費者金融であればこういった事はまずありません。

中小でも個人を特定する情報と、借り入れの数、借り入れ額、融資希望額と、現在の年収と勤務状況をベースに判断する事がほとんどです。

これは大手の消費者金融とあまり変わりありませんが、その重要視するレベルが異なってきます。中小の中でもどの部分にどれくらいの基準をおいているかは違います。よって、ネット上の口コミなどでよくみかける「ブラックでも審査の甘い業者」と呼ばれる消費者金融があるのも事実です。

勤務年数が短いとあまり評価されないケースもありますが、

ブラックか、よりも

あくまで基本となるのは「現在の収入」です。

中小の消費者金融では原則的に収入があることが求められます。ブラックであっても借り入れできる可能性は大いにあります。

よくCMで流れる大手の消費者金融だけが全てではありません。

中小の消費者金融が利用者の味方となってくれるでしょう